人気のクリニックが多い街の魅力と理由をチェック

輪郭の整形手術の種類

注射器

小顔になる整形

頬や顎などの輪郭を希望通りに修正する整形手術は、美容整形外科クリニックでは昔から行われてきました。近年はメスを入れない簡単なプチ整形が主流ですが、それでも劇的に生まれ変われる本格的な整形手術は根強い人気があります。銀座でもコンプレックスをなくして小顔に生まれ変わりたい多くの人たちが、毎日のように輪郭の整形手術を受けています。中には形成外科の名医がいて、その人にあった自然な形になるように手術をしてくれるクリニックも銀座にあります。骨を削る手術を成功させるには熟練の腕とセンスが必要であることから、そうした名医がいる美容整形外科を探して任せることも大事です。でっぱっている頬骨を削る手術を行うと顔の凹凸が少なくなって小顔化に成功します。口の中からメスを入れて、専門のドリルで余分な頬骨を削り取っていくのが一般的です。また、最近人気なのが顎のでっぱりを引っ込めたり、顎先を出して美しいVラインに整える手術です。このようなフェイスラインの修正手術も、歯茎と唇の間をメスで切開して行います。でっぱった顎の骨はドリルで削りとって不必要な部分だけカットし、必要に応じて針金等で固定したりします。顎骨が少なくなることで優しい顔立ちになり、別人のように小顔になれるおすすめの手術です。角ばった顎先の骨を左右バランスよく削り取れば、憧れの美しいVラインになります。また、必要であればシリコンを入れて顎先を出す手術もあり、ヒアルロン酸注入よりも持続力が長くその効果は入れている限り半永久的です。

基本的に輪郭の修正は骨そのものを削ったり継ぎ足したりするため、全身麻酔を伴うかなり大掛かりな外科手術です。しかし、口腔内からメスを入れるのでで、外見上は手術をした傷跡が残らないというメリットがあります。整形手術をするとどうしてみ見た目が不自然に見えてしまいがちですが、輪郭を内側から修正する手術なら生まれつきのように自然で誰にも一切ばれることはないです。さらに魅力的なのが、一度手術をすれば効果が半永久的に持続するという点です。骨をカットしたり削ったりするので、その骨が再生しない限りはずっとそのままの状態が維持されます。プチ整形はダウンタイムやリスクが少なく簡単なぶん、効果は一時的でいずれ元の状態に戻ります。輪郭の整形手術はダウンタイムがありリスクも覚悟でやる必要があるので勇気がいりますが、やってしまえば元に戻ることはないのです。ただ筋肉や脂肪を支えている頬や顎の骨を削ってしまうと、老化に伴いあまった皮膚がたるんでくる可能性があります。せっかく銀座の美容整形外科で憧れの小顔になっても、年を取ってから皮膚や脂肪がたるんでしまうと台無しです。しかしその辺は抜かりなく、骨を削る手術と皮膚を引き締める施術をダブルでやれば大丈夫です。最近は骨削りにプラスして、高周波や超音波などのマシンで皮膚の引き締め作業をしてくれる美容整形外科が銀座でも増えています。削って終わりではなく、手術後のしわやたるみを抑制するためにマシンで定期的にメンテナンスをしてくれるのです。たるみが心配なら引き締めがセットになったプランを契約すれば安心です。

Copyright© 2020 人気のクリニックが多い街の魅力と理由をチェック All Rights Reserved.